目黒区恵比寿の整体院(目黒区恵比寿)

バレエ治療編 記事一覧

⇒ その他一覧(22記事)

ほっとする治療院 空治療院

バレエ治療

ギネス世界記録保持者や数々の賞をとったスーパーアスリートたちの驚くべきショー!ハッスルマッスル

HOME コンセプト 院長プロフィール

メニュー 筋膜矯正 スローストレッチ パーソナルトレーニング

Q&A

お問い合わせ

アクセス

体験談

整体のお話コーナー

筋筋膜リリース編

⇒ その他一覧(38記事)

スローストレッチ編

⇒ その他一覧(記事)

パーソナルトレーニング編

⇒ その他一覧(15記事)

バレエ治療編

⇒ その他一覧(22記事)


体験談コーナー

⇒ その他一覧(18記事)



記事カテゴリ:

クラシックバレエが速く上手くなりたい(バレエ治療)

空 治療院にはバレエダンサーが多く来院されます。
バレエ特有の痛みや、先生に肩を下げて!肩甲骨を意識して!外の力を抜いて!お尻を締めて!などとアドバイスされ意味はわかるけど、意識しようとしても意識ができないで悩んでるダンサーも多いです。
症状としては
1位 股関節、鼠蹊部の痛み
2位 ハムストリング、ふくらはぎの肉離れ
3位 足首、足の裏の痛み
4位 腰痛
5位 肩甲骨を動かしたい
6位 柔軟性をアップさせたい


などが症状としては多いです。
ランニングの症例と重複しますが、まったく同じことが言えます。
ほとんどの場合「かたちや高さにこだわり深部の筋肉を使えてない」「練習量とメンテナンス量のバランスの悪さ」が原因で障害が発生しているケースがとても多いです。
何のダンスでもスポーツでも同じですが、例外(骨格的、個性)を除いて、基本となる筋肉の使い方やホームを崩して足を高く上げたり、ピルエットを回ったところで、使うべき筋肉は強くならないばかりか、いつまで経っても本当の柔軟性はできません。
バレエはとても繊細に筋肉を使うので、外側の筋肉がパンパンの状態では深部の筋肉を意識すなんてできないのです。
練習をしないと上達しない!と言ってレッスン量ばかり増やしても、身体は疲労し、筋肉はパンパンになり、関節も硬くなり、これではいつかバランスが崩れて大きな壁にぶつかり、最悪はリタイヤするケースも少なくありません!
日本人は根性論はとても大切な事ですが、練習量とケアーのバランスがとても大切です!
(練習→ストレッチ→メンテナンス)
ストレッチやケアーも練習と思う事が重要で、この流れを実践する事で目標となるゴールは最短で到達できます。『逆にケアーをしなければ上手くはなれません!』
「足を上げて!」「背中を張って!」「肩を落として!」などとアドバイスだけをしても筋肉が硬かったり、関節の可動域が少なかったりしたら、そうしたくてもできません!これは治療を重ねれば意識ができるようになります。
「動かないものを一生懸命に動かそうとしても無理な負荷が掛かり壊れてしまいます」
ゴールに向かうには効率よくレッスンを重ねる事が近道ですので、バレエを楽しんでる方、また指導者は是非、自分の身体のケアーを大切にしてください。
精神は若くても身体はストレスを溜めて疲れ果ててることもあるので身体の声に耳を傾ける事も大切です。
「身体は消耗品です!」
今後、日本人ダンサーが世界で活躍するためにはバランスの良いトレーニングができるかが重要な鍵になるでしょう!

筋膜リリース整体 治療院 空(くう)
dotline
営業時間:
11:00 ~ 20:00
(最終受付18:30)
定休日:
日曜日・祝日・イベント開催日
新店舗
院長主催でハッスルマッスル 子供元気祭 「突破」の公演を各地で開催しております。
公演開催時は治療院をお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

公演情報はこちらでご確認いただけます。
ハッスルマッスル公式HP:http://hustle-muscle.net

施術上の確認事項


*筋膜を整復するという手技の特質上、素肌へ直接施術をすることが多くなります。(お着替えはショートパンツとTシャツを用意しております)
*以上の事をご理解の上、ご来院ください。

お問い合わせ メールでのお問い合わせはこちら